FC2ブログ

7月の森の清掃保全活動のご案内

会員の皆様へ

7月の森の清掃保全活動の予定をご案内申し上げます。

image4_2017062815243759b.jpg

7月5日(水)9時より 90分程度
7月15日(土)9時より 90分程度
作業内容は、社叢西側車道に越境している枝葉の伐採作業を行います。(前回の続きとなります)

☆開始時間が9時からとなりますので、お間違えないようにご参加下さい。
暑くなってまいりましたが、長袖長ズボンでの作業を推奨いたします。
ご参加ご協力の程宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

ホタルの養殖をはじめました

6月23日(金)にホタルを購入しに、加西市にある専門店へ

image3_20170628145530bde.jpg

ホタルイベントをしている企業は、このようなところで成虫を購入しているようで、事務所の壁には、ホタル500匹受注などの紙が貼っていました。当会もそのようなことができればよいのですが、ホタルの成虫はメスは800円、オスは300円しています。

image4_201706281455325f0.jpg

当会では、オスメス10匹ずつ購入し、1年かけて繁殖させていきます。卵から成虫になるまでの生存率は専門家でも1割程度とおっしゃっていました。どうなるか不安でいっぱいです。

image2_201706281455339a2.jpg

第一段階として、成虫が卵を産まなければ意味がありません。成虫の生存期間は約10日ですので、10日の内に卵を産んでくれることを祈るばかりです。

6月19日(月)ボランティア団体連絡協議会総会

6月19日(月)に兵庫県森林ボランティア団体連絡協議会総会に参加してきました。
県下には、多くの森林ボランティアの団体があり、総会に参加した団体だけでも25団体あります。
当会は、昨年からの参加ですが、皆様の様子を見ていると昔からのお付き合いがあり、活発に意見交換をしているようでした。

image1_20170624161412985.jpg

総会の後に、活動の報告会がありました。湿原を保全する活動をされている団体の発表がありました。
その中で、「自然はあるがままではない。自然は人の手が入らないと守れない。」という言葉が印象的でした。

他の団体のお話からも、当会での課題を解決するようなご意見を頂戴できましたので、活かしていきたいと思います。有意義な会議でした。


6月17日(土)森の清掃保全活動実施

6月17日(土)10時より、定例の森の清掃保全活動を実施しました。
今回も約10名の会員の方々にご参加いただきました。
ご協力ありがとうございました。

image3_2017062012574736f.jpg

今回は、前回の続きで社叢西側の車道に越境している枝葉の伐採を行いました。
近隣の方々が、越境している枝葉に関してクレームをおっしゃることはほぼありませんが、
社叢の大切さ貴重さをご理解いただいているとはいえ、迷惑されていることは確かだと存じます。
また、神社からの落ち葉を掃除頂いていたりもするので、大変感謝しております。
素人集団であり、ボランティア集団でもありますので、満足いく環境づくりまで時間はかかると思いますが、
何卒ご理解くださいませ。

image2_20170620125745d86.jpg

軽トラや脚立、ポールソーを駆使して、高さ4メートルくらいのところまでは、作業ができそうです。
第一に、作業をしている会員の方々の安全、そして通行車両の安全を考えての作業をしております。
全ての作業が完了するまで、あと3回ほどの活動が必要です。

image1_20170620125746894.jpg

高所作業や専門家ではないと作業できないようなところは、西宮市や兵庫県にも相談をしております。
担当者の方々に、現場を見て頂いており、予算がとれるように尽力して頂いております。

image5_20170620125749819.jpg

車道に越境している木の伐採に関して、批判的な意見もあると思いますが、
神社・地域が合意形成を行い、皆様から愛される社叢を構築していきます。


森の清掃保全活動のご案内

森の清掃保全活動のご案内です。

6月17日(土)10時より、森の清掃保全活動を実施します。
今回は、前回の続きで西側車道に越境している枝葉の伐採を行います。

お時間ございましたら、是非ご参加ご協力の程宜しくお願い致します。

暑くなってまいりましたが、防虫や怪我防止のため、長袖長ズボンを推奨します。

宜しくお願い致します。

6月6日(火)森の清掃保全活動実施

6月6日(火)に森の清掃保全活動を実施しました。
今回は、神社西側の車道に越境している枝葉を伐採しました。
(天然記念物の社叢ですので、市には連絡済です。)

image3_20170609094124e19.jpg

上の写真のように、車道を覆うように樹木が成長しています。
とある神社では、住民から樹木自体の伐採の要望が出されたり、強力な除草剤で樹木を枯らしたり、樹木を大切なものだと思っている人にとっては、悲しい話も聞きます。神社は木を神が宿るものだと考え大切に守り、市は公共の立場で住民の安全を守り、住民は快適な生活を望むことは、当然のことです。様々な立場の人がお互いの視点に立って少しずつ譲り合うことが大切だと思います。
幸運にも、こしきいわの森を育てる会では、地域住民が主体となり、神社職員も作業に参加し、県や市にもオブザーバーとして相談に乗っていただいており、良好な会運営ができております。

image1_20170609094125072.jpg

今回は、急な日程変更でしたが、7名の参加があり、怪我なく順調に作業を進めることができました。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

image2_20170609094127ca2.jpg

枝を伐採するポールソーという道具が1台ですので、全て完了するまであと3回ほどの作業日が必要になりそうです。
作業している道路は、生活道路になると思うのですが、北側に走る県道の抜け道のような役割をしています。時間帯によってはたくさんの車が走行します。作業中にご迷惑をお掛けしたと思いますが、ご協力ありがとうございました。

森の清掃保全活動の日程変更

当会会員の方々にお知らせをさせて頂きます。

6月7日(水)に予定しておりました「森の清掃保全活動」でございますが、降水確率が80%であるため中止させていただきます。

変わりまして、6月6日(火)の15時より実施します。

急な変更で申し訳ございませんが、お時間ございましたら是非ご参加ご協力ください。

神社西側車道の越境している枝葉の伐採作業を行います。

宜しくお願い致します。

6月2日(金)ミツバチプロジェクト始動

6月2日(金)に、大阪府立園芸高校の先生がミツバチ箱の搬入にいらっしゃいました。
昨年は、試験的に行うということで短期間の実施でしたが、神社参拝者や関係者からも好評でした。とれたハチミツは、当会の会員や日頃お世話になっている方々にお配りすることができ、大変喜ばれました。

IMG_0664.jpg

このミツバチプロジェクトの意義は、当会の会員及び関係者がハチミツを食し、幸せな気分になれる以外にも、越木岩神社周辺でミツバチの飼育ができるかどうかについての調査とミツバチがどのような植物を利用しているか調べ、神社および周辺地域の環境を昆虫の視点で解析するというものです。この研究結果は、大阪府立園芸高校のハニービーサイエンスクラブの活動の成果として各種研究大会等での発表を予定しています。

IMG_0665.jpg

ミツバチの箱は、甑岩の北東の社叢(貴船社の南東)に設置しております。
先生からハチミツを頂きましたら、お配りしますので楽しみにしていてください。

プロフィール

事務局

Author:事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR