FC2ブログ

北夙川小学校より感謝の気持ちをいただきました

北夙川小学校の学校だよりで
当会のことが紹介されました。

w

記事文字が小さいですので
大きくして校長先生のお言葉を記載させて頂きます。

4年生のPTA役員の方たちが、自主的に子供たちの
見守りに来てくださいました。その時に「何か子供たち
のためにできることはありませんか。落葉掃きとかしま
しょうか。」と相談に来て下さったのです。思いがけない
申し出で、とても嬉しく思いました。それで、以前からず
っと気になっていた校内の木々の名札作りをお願いしま
した。劣化が目立ってきて、中にはないものもありました。

本校は街中にある学校ですが、兵庫県の県民まちなみ
緑化事業により、様々な種類の木や植物が植えられて
います。また園芸ボランティアの皆様のおかげで、四季
折々の花が、校門や中庭、校庭に咲いています。また
池は、ビオトープのように多くの様々な生き物が生きて
います。こうした自然の風景を子供たちの成長の為に、
大切に守っていきたいと考えています。

この話を本校の教育連携協議会の皆さんにお話しした
ところ、一人の地域の方が「廃材があるから材料を持っ
てきます。」と申し出て下さいました。その方は「こしきい
わの森を育てる会」でも活動されており、監事をされてい
る方と一緒に、そのまま名札の形になるように木を切り、
角を丸め、鎖などを通すための穴をあけ、更には見本の
名札や練習用の木、文字や絵を焼き付ける道具などを
前日までに届けてくださったのです。

「学校はお金がなくて、何のお礼もできなくて申し訳ない
です。」と頭を下げると、「そんなんいりません。こしきいわ
の森を育てる会に、北夙川小の保護者の皆さんが100人
ぐらい関わってくださっています。3年生の中には、毎回
来て掃除をしてくれる子もいる。そのお礼です。お互いさま
です。」と笑顔で返してくださいました。様々なつながり、
支え、支えられ…これがこの校区に住む人々の心であり、
ぬくもりであり、素晴らしさなのでしょうか。

先日、4年生保護者有志の皆さんが、心を込めて、1つひと
つ個性あふれるとても素敵な名札、立て看板を作ってくだ
さいました。トトロもあり、まっくろくろすけもあり、様々な花、
果実の絵もあり、英語、ローマ字なども・・・。今、用務員さん
がニスをぬって仕上げてくれています。名札を見る子どもた
ちの笑顔が浮かびます。本当にありがとうございました。
感謝・・・・。


こういった感謝のお気持ちが会員のやる気にもつながります。
ありがとうございました。

年をとればとるほど感じますが、
子どもは、宝であり、日本の未来の光です。
ボランティア活動においても、多くのボランティア団体が
自然環境を次世代へ繋げていくことを目的としておりますので、
同じく、子どもは、宝であり未来の光でもあるのではないでしょうか。

だとすれば、やはり子供たちは、地域単位でも成長を見守り、
皆で育てていかなくてはなりません。
当会も少しでもその役割を担えたらと思います。


スポンサーサイト

樹木プレート作り

会員の方から北夙川小学校PTAたよりで当会のことが
紹介されていたというお知らせがありました。

北夙川PTAたより

当会にご協力いただいている方々の中には、地域のつながり・交流を
大切にし、当会以外でも常日頃から地域活動をされている方もおります。

今回は、
当会がお手伝いをしたというよりも、当会にもご協力を頂いている方が、
地域活動をされたと言った方が正しいかも知れませんが、
1月31日に北夙川小学校の臨時企画としての樹木プレート製作に
当会の副会長と監事の方がお手伝いをされました。

当会に北夙川小学校の生徒がおりますので、
小学校とは環境学習などでより連携をとれたらと思います。

樹木プレート

また、当会でも樹木プレートつくりの計画はありますので、
時機を見て実施したいと思います。

2月16日(土)定例保全清掃活動

2月16日(土)に定例の保全清掃活動を実施しました。

今回は、会員をはじめ、県会議員の中野ゆうごさん(当会理事)
の事務所にインターンで勉強されている関学の学生も参加頂き、
計24名の参加がありました。
ご協力ありがとうございました。

image22_20190216112217dd4.jpg

実施内容は、大鳥居、だんじり小屋・ボーイスカウト小屋周辺の
清掃を行いました。

image24_20190216112216843.jpg

この周辺は、残念ながら不法投棄が頻繁に起こる場所で、
神社にはない、マツや雑草をはじめ、庭木、竹などが
気が付けば山積みにされていたりします。

image2_201902161122216f4.jpg

当会としても重要視している場所で、
ここをよく使用しているだんじり関係者やボーイスカウトの
方々も清掃をされていると思いますが、神社・だんじり関係者
ボーイスカウトのものか分からず放置されているようなものも
多くあります。

image1_20190216112218224.jpg

今回は、大勢で落ち葉類を集め、だんじり小屋北の森の中に
腐葉土になってもらうべく集積させていきました。

image5_20190216112220750.jpg

当会も含め、神社を使用している団体が協力し、
きれいな状態を保っていけたらと思います。

image1_20190216115037a19.jpg

親子で参加協力頂いている会員もいらっしゃり、
女の子からはバレンタインのチョコ・ケーキをいただきました。
ありがとうございます。


2月6日(水)勉強会開催

2月6日(水)に勉強会を開催しました。

この日は、定例の保全清掃活動日でしたが、
雨のため急遽勉強会を実施しました。

image1_201902061300228b3.jpg

当会の理事である県会議員の中野先生の事務所で
勉強中の関学生が活動に参加することにもなっていましたので
先日のボランティア団体交流会で勉強した内容を中心に
越木岩神社の社叢に関して、兵庫県のボランティア団体の様子、
環境学習のことなどの説明、意見交換を行いました。

子供や若い世代が興味を持つような森づくりができるように
様々な意見を取り入れていきたいと思います。

1月30日(水)兵庫県森林ボランティア団体連絡協議会

1月30日(水)に森林ボランティア団体連絡協議会に参加しました。
今回の議題は「環境学習・環境教育の取組」に関してです。
多くのボランティア団体は、環境を守り、次の世代に継承していくことを
目標に活動しています。目標が同じですので、必然と活動内容や
また、そこから出てくる課題や問題も類似しています。
会員が増えない、高齢化している、活動地が荒らされる等々、
そういったことへの対策なども参考になることが多いです。
学んだことはどんどん取り入れようと思います。

image51_201902041035072dc.jpg

環境学習に関して、当会では昨年、
苦楽園小学校にカブトムシをお貸しし昆虫観察をしてもらいました。
最初は楽しい遊びのようなことから入り、
そこから自然や森に関して興味を持ち、ボランティア活動につながれば、
また、大人になってから思い出して戻ってきてくれたらと思います。

労力や時間はかかり、成果にはつながりにくいことではありますが、
将来の環境保全の担い手づくりの種まきを継続していきたいと思います。

image52.jpg
(マダニにも効く防虫スプレー【サラテクト】を頂きました)
(アース製薬様、ありがとうございます!)

交流会の最後にアース製薬様からマダニに関する説明がありました。
昨年は兵庫県でもマダニによる死亡事故があったようです。
マダニに刺されると日本紅斑熱に感染するようですが、
兵庫県では1~10人程度が被害にあっています。
野生生物がいるところや民家の裏山や畑などに生息しており、
春から秋にかけて活動しています。
当会でも、森に入るときはできるだけ露出を減らし、
サラテクトでマダニ対策を心がけていきましょう。
プロフィール

事務局

Author:事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR