5月19日(土)保全清掃活動実施

5月19日(土)に定例の森の保全清掃活動を実施しました。
今回は、大人10名、子ども7名の参加がありました。

image64.jpg

参道沿いの落ち葉の清掃を中心に90分程度の作業を行いました。

image63.jpg

子どもたちの活躍もあり、落葉だらけだった場所も綺麗になりました。

image74.jpg

その後、日野神社のツツジ観賞会に参加した際にいただいたツツジを植樹しました。
分かりにくいですが、オレンジ色の土の上に生えている小さい木がツツジです。

image72.jpg

作業終了後、子どもたちを交えて談笑。
学校や会社、年齢や地位、利害に関係なく地域住民として、地域の自然を大切に思う有志が集まり、いろいろなことをお話しできる良い機会にもなっています。

image61.jpg

子どもからは、おにぎりの差し入れがありました。かくし味は、「愛」とのことで、格別においしかったです。

image62.jpg

来週の26日(土)10時より当会の総会が越木岩神社社務所2階にて開催されます。
会員の方はもちろん、当会に興味のある方は、参加費無料でございますので、是非ご参加ください。
次回保全清掃活動日は、6月6日(水)9時からを予定しております。


スポンサーサイト

ホタルプロジェクト報告

昨年から取り組んでいるホタルプロジェクトの報告です。

昔は、神社でホタルが飛んでいたというお話を聞き、ホタルを復活させようと立ち上がったのがこのプロジェクトです。

image21.jpg

まず、ホタルを復活させるには、ホタルのエサとなるカワニナという貝が繁殖可能かどうかを調べる必要がありました。
昨年は、甲山の麓からカワニナを採取し、神社内に流れている小川に放流しました。

image22_20180505154926f6e.jpg

それから約1年が経ち、
無事にカワニナが環境に順応し、産卵したようで、写真のように小さなカワニナを多数発見することができました。

image23.jpg

次は、ホタルを人工的に繁殖させながら、実際の自然環境で繁殖できるかどうか調査していきます。
数年後には、ホタルが乱舞する森になるかもしれませんので、お楽しみにしてください。

image24.jpg

サワガニが可愛く威嚇していましので写真に収めました。
ちなみに、サワガニはカワニナの天敵のようです。

5月2日(水)保全清掃活動実施

5月2日(水)に定例の保全清掃活動を実施しました。

image2_201805031059241a1.jpg

今回は、トイレのあるスペース一帯の清掃を行いました。

image1_20180503105923ada.jpg

落葉や枯れ枝を集めて、他の場所へと移動させていきました。

image3_20180503105926a28.jpg

広いスペースに散らばっている落葉を一か所に集めるとかなりの量になりました。

image4_20180503105921b62.jpg

次回、保全清掃活動は、5月19日(土)9時からを予定しております。
また、5月26日は第3回総会を開催致します。
たくさんのご協力と参加をお待ちしております。

4月21日(土)日野神社社叢林キリシマツツジ観賞会

4月21日(土)に日野神社のキリシマツツジ観賞会に参加しました。

image4_20180423131904472.jpg

日野神社は、西宮市日野町にご鎮座し、その社叢は天然記念物に指定されている大変貴重な社叢です。都市化の進展した阪神間において、大規模な(1.4ha)な暖地性植物群落が残存している例は極めて少なく、その学術的な価値は高いとされています。

image51.jpg

阪急西宮北口から大阪方面に向かう際に、車窓北側を見て頂くと、武庫川手前でこんもりとした森を見ることができるのですが、それがこの日野神社です。

image6_201804231319085b2.jpg

この観賞会は、西宮市教育委員会文化財課よりのご紹介で参加したのですが、約100名の参加があり、当会からも20名程度参加させていただきました。写真は日野神社の宮崎宮司のお話の際です。文化財課や樹木医の先生からもお話を頂戴しました。

image2_201804231319070f1.jpg

日野神社の社叢は、氏子総代さんを始め、地域の方々のご尽力を主体として、兵庫県や西宮市の協力を得て素晴らしい社叢となっています。

image71.jpg

実は、10年程前は、長年に渡る管理不足から落葉樹が減少し、クスノキを主体とする照葉樹と竹が林縁まで繁茂する暗い森となっており、近隣への障害枝・大量の落葉・倒竹などが発生し近隣住民への嫌悪施設化していたそうです。キリシマツツジの植樹地は、元は竹藪で地域の方のお話によると2メートル先も見えないような状態であったそうです。

image5_201804231319112e9.jpg

そのような状況の中、社叢保存会が設立され、そして平成22年より文化財保存修理事業が開始されたそうです。近年は、県民まちなみ緑化事業でキリシマツツジなどが植樹されました。

image8_201804231319138fa.jpg

日野神社の昔を知る人にとっては、感動的な変化なのですが、現状しか知らない方でも、まるで国立公園のような森ですので、たくさんの自然の恵みを享受できると思います。お近くにお寄りの際は、是非森林浴お楽しみください。(神様へのご挨拶もお忘れなく)

image7_20180423131914712.jpg

越木岩神社でも、本年度より2か年計画で社叢林保存修理事業を活用させていただき、本格的に皆様から愛される社叢づくりに取り掛かります。たくさんのご協力を宜しくお願い致します。

4月4日保全清掃活動実施

4月4日(水)に定例の保全清掃活動を実施しました。

椿がきれいに咲いておりますので写真を撮りました。

image1_20180407153528c5d.jpg

写真の椿は植樹をしたものと思われますが、越木岩神社は「椿まつり」を開催するほど多くの椿が自生しています。ヤブツバキが主で、約200本近くあります。樹齢も話では200年以上のものもあるようですが、椿はクスノキのように成長が早くありませんので巨木のようなものはありません。

image2_20180407153532cd0.jpg

今回の作業は、前回に製作をした腐葉土のかくはん作業を行いました。

image4_201804071535294e3.jpg

空気が全体に行き届くようにしなければならないらしく、月に一度はかくはん作業が必要だそうです。
水を足しながら全体をかき混ぜていきました。

image3_20180407153531e8e.jpg

子どもたちは、腐葉土から木の枝などの腐葉土になりにくいものを取り除く作業をしてくれました。中にはプラスチック片やビニールなども混ざっていることがあるので丁寧に作業をしてくれました。

重労働でありましたが、最後までご協力いただき有難うございました。
次回作業日は4月21日を予定しておりますが、日野神社社叢林のキリシマツツジ観賞会に参加する計画もあります。
決まりましたらご案内させていただきます。宜しくお願い致します。

プロフィール

事務局

Author:事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR